【悲報】レスリング栄和人監督の娘に衝撃事実…あかん…(画像あり)

Pocket

【悲報】レスリング栄和人監督、日本選手権6位の自分の娘を代表にねじ込む

引用元: http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1520462855/

1: 2018/03/08(木) 07:47:35.56 ID:IMFZryqKa

■栄希和(栄和人強化本部長の愛娘)の選考が怪しすぎると話題に

2018年女子ワールドカップの選考基準
→ 2017年日本選手権1・2位を中心に20選手

《日本選手権65キロ級》
1位 源平彩南 至学館大
2位 森川美和 東京・安部学院高
3位 今井海優 自衛隊
3位 榎本美鈴 環太平洋大
5位 河内美樹 日体大
5位 栄希和 (内容的に6位相当) ←
no title

そして選考に選ばれたのは…

2018年女子ワールドカップ出場メンバー
《ワールドカップ65キロ級 2名》
源平彩南(至学館大)←1位
栄 希和(ジェイテクト)←6位

伊調 馨(いちょう かおり、1984年6月13日 – )は、日本の女子レスリング選手。青森県八戸市出身。身長166cm。中京女子大学(現・至学館大学)卒業。学位は学士 (健康スポーツ科学)。そのほか名誉学位・称号として名誉修士(中京女子大学)を有する。

5ff39aeb78427ef82fec0cc0b34a36a5

紫綬褒章(2008年、2012年)。アテネ五輪での金メダル獲得により青森県県民栄誉賞・八戸市市民栄誉賞、北京オリンピックでの金メダル獲得により青森県県民栄誉大賞・八戸市市民栄誉大賞、ロンドン五輪での金メダル獲得により青森県県民栄誉大賞(2回目)・八戸市民特別栄誉大賞を受賞。

兄と姉の影響から青森県の八戸クラブでレスリングを始め、愛知県の中京女子大学附属高校(現・至学館高等学校)から女子レスリングの強豪校として知られる中京女子大学(現・至学館大学)へと進学。56kg級時代はライバルの吉田沙保里に苦戦したが、63kg級に階級を上げてからは無敵の存在となった。

2004年のアテネオリンピックでは63kg級で優勝。以来、2008年の北京オリンピック63kg級、2012年のロンドンオリンピックの63kg級、リオデジャネイロオリンピックの58kg級で4大会連続優勝を果たし、近代オリンピック史上6人目、女子選手では初の個人種目4連覇を達成した

2016年リオデジャネイロオリンピック58kg級優勝

wiki
栄 和人(さかえ かずひと、1960年6月19日 – )は、日本の元レスリング選手で、現在は至学館大学(旧・中京女子大学)レスリング部の監督と全日本女子レスリングヘッドコーチを兼任している。2008年11月より同大学健康科学部健康スポーツ学科教授も兼任。鹿児島県奄美市(旧・大島郡笠利町)出身。鹿児島商工高等学校(現樟南高等学校)、日本体育大学体育学部体育学科卒業。マネジメントはエイベックス・スポーツ株式会社。身長166cm。血液型A型。

88d58d47b4bbef8c858445319fef5dc3

至学館大学レスリング部の教え子に48kg級の伊調千春・小原日登美・登坂絵莉、55kg級の吉田沙保里、63kg級の伊調馨・川井梨紗子、69kg級の土性沙羅など、多くのオリンピックメダリストを送り出している。また娘の栄希和も至学館大学出身のレスリング選手(2014年度全日本選手権60kg級で優勝)。

sakae2

wiki

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする