背中ニキビの原因の対処方法

Pocket

原因や予防

背中や胸は、体の中でも顔の次に皮脂腺がたくさんある部位です。そのため皮脂の部分が多く、ニキビができやすいのです。

予防のためには、皮脂や汗をしっかり落とし清潔にすることが大切です。

背中や胸のニキビに悩んでいる人にありがちなのが、お風呂のたびにナイロンタオルでゴシゴシこすること。

これでは治るどころか、悪化する一方です。

出来てしまったニキビをこすっても、良くなることはありません。

続けているとシミになる恐れもあります。

体を洗うときは、ナイロンタオルやボディブラシは避け、普通の綿タオルを使うのがベスト。

こすりすぎず、やさしく洗うことがポイントです。

体を洗うには石けんがおすすめ

洗浄剤としておすすめなのは固形石鹸です。

ボディソープは界面活性剤が多いため、肌に刺激を与えます。

またボディソープの多くは洗いあがりにしっとり感を残すために油分が配合されています。

これが肌に残って油膜をはり、ニキビの原因になることもあります。

体を洗ったあとにシャンプーをすると、背中や胸に成分が残り、それらが肌への刺激になります。

先に髪を洗ってから体を洗いましょう。

背中や胸のニキビは、汗と衣類の刺激で悪化する傾向にあります。

夏は朝晩シャワーを浴びて汗をかいたらこまめにふき取るようにしましょう。

これをすることでニキビが緩和されることもあります。

また衣類にも気を配りたいもの。

特に背中や胸のあたりに直接触れる衣類は、綿素材のように吸湿性がよく、肌触りのよいものがベストです。

チクチクする素材を着ただけで肌への刺激が強くなり、ニキビが増えてしまうこともあるからです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする