汗かきがすごい原因て何?匂いは大丈夫!?

Pocket

汗をかくと匂いが心配になる人もいます。

ワキガじゃないかも知らないと思ったことはないでしょう。

単に汗かきの多汗症と、匂いのあるワキガはまったく違います。

自分がどちらかわからない場合は、まず3つにあてはまるものがチェックしてみましょう。

  1. 両親のどちらかがワキガ体質
  2. 耳垢がしっとりしている
  3. 白いシャツなどのわきの部分が黄色くなる

3つとも当てはまる人は、ワキガ体質の可能性があります。

汗をかく原因の汗腺とは?

多汗症とワキガでは、汗の種類が異なります。

汗を分泌する汗腺には2種類あることをまず知りましょう。

一つは全身に分布しているエクリン腺。

サラサラで透明の汗を分泌します。

この量が多い人が、いわゆる多汗症です。

このエクリン腺が多い人は、たくさんを汗をかきます。

もう一つがアポクリン腺です。

全身の中で、脇の下、耳、陰部、乳輪、おへそだけにある汗腺です。

このアポクリン腺が発達している人がワキガ体質です。

ただし、分泌される汗そのものがにおうのではなく、汗に殺菌がつくと匂いが発生するのです。

脇をよく洗って乾かすなどすれば、ある程度匂いを防ぐことは可能です。

それでも解決しない場合は、治療を検討しましょう。

病院ではワキガ治療として、脱毛や手術を行います。

脱毛は電気脱毛器を使って、毛と一緒にアポクリン腺を破壊します。

手術に比べると効果は落ちるので、症状が軽めの人向きです。

手術はわきの下の皮膚に血管をいれてアポクリン汗腺を吸引する方法と、切開し汗腺を切除する方法があります。

費用は両方で30~40万くらいかかるらしいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする