ムダ毛の処理方法ってどんなのがあるの!?

Pocket

ムダ毛を抜く

肌の露出が増える季節になると、 わきや手足などのムダ毛が気になります。

のばしたままにはできないのでやむを得ないのですが、ムダ毛処理はどうしても肌に負担をかけてしまうと心得てから行いましょう。

とくにカミソリなどで剃るよりも、抜く方が、肌へのダメージは大きくなります。

抜くという方法では、皮膚の一部をちぎることになるからです。

毛は。毛根にある毛母細胞の分裂によって成長します。

毛母細胞は、周りにある血管から酸素や栄養素をもらって毛細分裂を繰り返します。

つまり、毛根自体は生きているのです。

毛を抜くと、この生きた組織を引き裂くことになるので、当然痛みをともないます。

毛穴の奥で多少の出血をしています。

これを繰り返していると、毛穴が炎症を起こして膿んだり、その炎症がシミになったりと、様々な肌トラブルが起こります。

脱毛の処理方法

電気カミソリ

穴の中に毛を引き込みならがカットしていくので、深剃りができます。

ただし、そのぶん、皮膚までいっしょに切ってしまうこともあります。

その傷口からかゆみがでたり、シミになったりすることもある。

安全カミソリ

T字状の安全カミソリは、自分で細かい手加減がしやすいのが特徴。

毛穴が鳥肌のようにポツポツと立っている人は、深剃りの電気カミソリだと肌を傷つけやすいので、こちらの方が向いています。

ただし剃ったあとに肌が乾燥して、かゆくなる場合もあります。

毛抜き

毛抜きを1本ずつ毛を抜く方法。

手間がかかるうえに、トラブルが起きやすい。

脇をずっと毛抜きで抜いていると、皮膚が硬くなり、つれたようになることもある。

また皮膚の下に、埋もれた埋没毛ができ、そこから毛嚢炎を起こすこともあります。

テープ

除毛したい部分に粘着力のある専用のテープを貼ってはがしとる方法。

一度にたくさん抜ける手軽さはあるが、その分肌のダメージも大きい。

またワックスと違って、角質もいっしょにはがしてしまうことも多い。

肌の弱い人は極力控えたい。

ワックス

温めたワックスを皮膚に塗り、冷えて固まったらはがします。

皮膚が温められるため、毛抜きやテープなどで若干負担は少ない。

またパラフィンパックと同じ原理で、除毛後に肌がしっとりする保湿効果もあります。

家庭用脱毛器

電気式の脱毛器で、皮膚を温めたり、周りの皮膚を抑えたりしながら抜くので、毛抜きよりは肌への負担は少ない。

しかし、抜くことに変わりがなくトラブルも多い。

自宅で除毛をする

皮膚清潔にしてから行う

まずは除毛をする部位の皮膚を清潔にするのが基本。

徐毛をすると、どうしても皮膚がついてしまいます。

皮膚を清潔にしておかないと、傷から雑菌が入ってしまう恐れがあります。

石鹸でていねいに洗っておきましょう。

皮膚を温める

皮膚も毛も、温度が下がると硬くなって処理にしにくくなります。

除毛する部位の皮膚を温めるおくのも大切です。

お風呂上りに温まっているタイミングか、蒸しタオルをあててから行うとよいでしょう。

処理後はクールダウン

除毛した部位に水で冷やしたタオルなどをあてて、しばらくおきます。

これは除毛による炎症を抑えるためです。

体調が悪い時は控える

風邪気味や生理前、寝不足など、体調が悪い時は皮膚の免疫力が落ちています。

こうしたときに除毛すると、トラブルを起こしやすく傷の治りも悪くなります。

体調がすぐれない時は控えましょう。

永久脱毛には2種類ある

永久脱毛とは、その名のとおり、その部分のムダ毛が永久に生えてこないようにすること。

自己処理で肌トラブルを起こしている人は、永久脱毛を検討するのも一法です。

永久脱毛は、大きく分けてレーザー式と電気式の2種類あります。

レーザー脱毛は、レーザ光で毛と毛母細胞を焼いて脱毛する方法。

痛みが少なく、脱毛前に毛をのばせなくてすむのがメリットです。

ただし、レーザーは黒い部分(メラニン)に反応するとため、日焼け後の肌や色の黒い人は、やけどを起こしやすいので避けましょう。

日焼けしていなくても日本人は多少のメラニンを含むので、強く反応するとやけどになることもあります。

このようなことから、レーザーは必ずしも永久脱毛になるとは言えないのが現状です。

一方、電気脱毛は、毛穴に1本1本針を挿入し、毛根を電流で破壊して脱毛する方法です。

痛みが若干あり時間がかかることや、毛をある程度のばさないとできないのが欠点ですが。完全に永久脱毛ができ、また肌質を選ばないのが特徴です。

永久脱毛は医療機関で受けれますが、熟練していない施術者が行うことで肌のトラブルも発生しています。

またエステで行う光脱毛は安価です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする