人と仲良くなって幸せになれる30の法則

Pocket

いつもいる周りの人達や、初めて会った人と気持ちよく過ごしていける方法って、もうやっていますか?

もしも、やってなかったらぜひ試してみて!

実は、すっごく難しいことなんです! って言うのはウソ ^^;

とっても簡単ですよ!

だってほんの小さな出来事を、ほんの少しだけやってみたり共有出来たらいいんですもの。

そんな、人と仲良くなって幸せになれる法則をまとめてみました。

これで、あなたももっと幸せに近づけたり、もっとハッピーになれたらイイね。

(1)

喧嘩するよりも、その人をいっぱい好きになることです。

(2)

喧嘩の原因はすべて「理解不足」から生まれるんです。

相手の気持ちをほんの少し想像してみると、気づいて回避できることがある。

(3)

実は理解不足の人って、自分のことばかり話していたりしませんか?

それが、いろいろなことの弊害のきっかけだったりするから、相手の言葉を聞くってことが大切。

(4)

話す時、もしかして相手を見下したような言葉遣いになっていませんか?

こちらが発する意識は、自然と言葉に乗って相手に伝わってしまいますよ。

どうせ伝わっていくなら、気持ちのよくなる言葉を伝えたいね。

(5)

喧嘩をする人は内心では、エゴがとても強いことが多いのです。

エゴをなくせば、喧嘩もなくなるのに!

(6)

みんな、羨ましいって思うことってよくあるよね!

妬みがあるということは、それだけ興味があり、欲があるということ。

でもね、その気持ちを表現する時は、マイナスに考えるとダメなの。

たとえば、

私にはできない!とか

なんであの人が!

なんて思うとダメですよ。

あ!次は私の順番が来るね! 楽しみ~

こんな気持ちを大切にしていきたいね。

(7)

毎日を暮らしていると、いろいろなトラブルは起きるものなんです。

こちらに原因がなくてもトラブルは起きることがあります。

だから、トラブルに出会わないことは出来ないんですね。

もしもトラブルなしの人生を暮らしていきたい時は、とっても良い方法が一つだけあります。

それは、相手の話を聞くことから始めるのです。

そこから何かが変わり始めます。

(8)

どうして、私のことをわかってくれないのよ!

こんな気持ちになることは、ありますよねぇ・・

そんな時は目を閉じて、気持ちを少し落ち着けてみましょう。

実は、相手も同じように思っていることに気づきませんか?

自分のことを分かってもらうより、相手のことを分かってあげることを優先させると、自ずと自分のこともわかってもらえるんですよね。

(9)

ふと身の回りを見渡すと、まったく喧嘩をしない人がいますよね。

どうしてだと思いますか?

実は、喧嘩をしない人は「自分が原因かもしれない」と考えているのです。

(10)

○○○が・・・!とか、△△△じゃない!?

□△○!!!!

いきなり爆発するから、周りがびっくりするんですよ。

(11)

急に、原因もわからずに、まくし立てるように、わーって言われることあるよね。

深呼吸して、落ち着いてね。

喧嘩を吹っかけられても、とにかく徹底的な聞き側に回ること。

これって意外に効果的!

(12)

今だけお願い、後で返すから!

何気に使ってしまうこの一言、お金の貸し借りでは、何気に使うのは控えたほうがいいよね。

(13)

どうしてイスラムの女性は、とても熱い夏でも顔を隠しているの?

文化の違いは、日本にいるとあまり感じませんが、最近は外国から日本に来る人が増えてきましたから、なんとなく日本とは違う?って思うこともありますね。

宗教、経済の話はちょっと控えたほうが会話がし易いですね。

(14)

○○が絶対にいいに決まってるじゃん!

なんて言ってしまうこと、よくありませんか?

世の中には様々な価値観が存在しているので、見方によって物事の価値は変わるのです。

「正しい」「間違っている」に、こだわりすぎないことも時として必要です。

(15)

友人のプライベートを他人に話さないようにしたいですね。

自分がされて哀しいことは、他の人も哀しいと感じることなのですから。

(16)

世の中には、とっても会話の上手な人がいます。

そういう人たちは、喧嘩をしないんですよ。

なぜなら喧嘩をしない人は、すべての答えや意見を受け入れているから。

(17)

国際社会での対立は、最終的に戦争につながります。

個人での対立は喧嘩に発展します。

どちらの場合でも「共存共栄」が平和につながりますね。

(18)

その人にとって良いことを言ったとしても、その内容が批判ばかりだと、嫌われてしまうよ。

だって、未来に繋がる会話じゃないもの。

(19)

みんな、親友っていますよね。

なんでも分かり合える大切な存在です。

相談できる友人がいれば、喧嘩も少なくなるよね。

(20)

古来の日本から、

お互い様、お先にどうぞ。

ずっと耳にしてきた言葉ですが、普段から出来ていますか?

我先にって思っていませんか?

道を譲る人には喧嘩はないと言いますよ。

(21)

会社や組織では年齢、経験年数、役職、様々なことから上下関係が発生します。

その中で、気持ちよく過ごすためのコツの一つは、年下の人でも、「命令形」を使わないようにすることです。

これ、意外に効果的に人間関係を良くしちゃいますね。

(22)

誰しも経験や技術、立場、役職から発言力が強くなってくるものです。

偉くなればなるほど、礼儀正しくなりたいですね。

(23)

ウソをつくのはやめようね。

どんなに小さなことでも、過ちを犯したら、すぐ謝ろう。

それが自分の未来、幸せに繋がることです。

(24)

ライン、フェイスブック、メール

今は連絡手段は多種多様。

でもね、できるかぎり直接会って、コミュニケーションを心がけるといいよ。

やっぱり顔を見て、声を聞いて、存在を感じながら話すことが一番。

(25)

トラブルが起きてしまうと、みんなテンパってしまいます。

それは仕方のないこと。予想をしてなかったんだから。

でも、トラブルのときこそ、冷静さが大切になるんです。

正確に状態を理解するために。

(26)

一番簡単なことは、自分のことを考えるように、相手のことも考える。

これって最強です。

(27)

空いた時間に何していますか?

いつも本を持っておけば、待ち時間も怖くないよ。

”もう、まだこない!”なんて思ったりもしないしね。

(28)

物事を先々に考えておくって、大切なことです。

間際になってやろうとすると、どうしても手落ちが出てきます。

その中でも「もしものとき」のために、前もって準備をしておくとさらに落ち着きを持つことが出来ますよ。

(29)

見えている範囲が狭いと、その中から導く答えの選択肢も狭いのです。

視野を広げてみると、見えるものも変わってきます。

視野が広がるということは、心が広くなるということに繋がるんですね。

(30)

コレ私のもの!、小さい頃に、兄妹姉妹で取り合いをしませんでしたか?

独り占めしようとするから、喧嘩になってしまうんですよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする