骨盤のゆがみから起こること

Pocket

ヒップサイズの多き女性の骨盤

骨盤は構造上の理由から左右に開きやすい傾向があります。

仙腸関節を軸として骨盤が前傾してくると関節は開くようになってきます。

さらに、骨盤の前傾を助長させる筋肉を駆使したり、後傾させる筋肉が弱ってくると、股関節を軸にして骨盤を前に傾けるような動きが多くなります。

それに連動して仙腸関節を軸にして前傾するゆがみが助長されて骨盤が開きやすくなってしまいます。

骨盤が開くとヒップサイズが大きくなったり、開いた骨盤に内臓が落ち込んで、臓器の機能が低下し、代謝も悪くなり、体のプロポーションにも悪影響を与えることになってしまうのです。

運動してもヒップサイズが小さくならない、便秘症が治らず肌にトラブルが多い。

そんな悩みを持つ女性には、まず骨盤の過度な前傾から生じる骨盤の開きを改善することをお勧めします。

骨盤が開くことで起こるトラブル

  • 骨盤両端が広がるのでヒップサイズが大きくなる
  • 股関節の内旋しやすくなることで内股になりやすい
  • 下肢の筋肉の方に左右差がでる
  • 内股になり、お尻の筋肉が使えなくなる
  • お尻が大きくなり、筋肉が使えないので血流が悪くなる
  • 内臓が下がりやすくなり、圧迫されることで機能が低下する
  • 内臓機能が低下することで代謝が悪くなる
  • 代謝が落ちることで、太りやすくなる

このように骨盤が開くことでいろいろトラブルが起こりやすくなります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする